倖田 來未 ジェム ケリー

ジェムケリーって以前、倖田來未がCMしてましたよね!?なんかシドやハイドサンって路線...
ジェムケリーって以前、倖田來未がCMしてましたよね!?なんかシドやハイドサンって路線変更な感じもありますが、今までどんな人とコラボしてたんですか?(続きを読む)



マリッジリング ジェム ケリー マリッジ リング:倖田 來未とジェム ...
... 期待 幸せ 愛 ケリーマリッジリング それぞれ 物 ティファニー 的 型 ヒント ニナリッチ 見る 角度 ちゃん. [ 1] 引用元 http://jewelryhouseki.livedoor.biz/archives/51419703.html ジェム ケリー マリッジ リング:倖田 來未とジェム ケリーの情報.(続きを読む)



今回の格言・名言

起こったことすべてを受け入れてしまいなさい 〜 ジョセフ・マーフィー




ジェムケリー ポータルサイト gc55.jp

2005年11月に誕生したジェムケリーのポータルサイトである。 ジェムケリーの関連ブランドの全てのリンクが貼られており、同時にストリーミングで動画がみれる仕組みになっているのが特徴で、2006年1月現在はイメージキャラクターの倖田來未のCMとメイキングビデオが公開され話題になっている。 その他は、ポータルサイトと同時期に作られたウェブショツピングのジェマートのトッピックスなどが掲載されている。 ジェマートでは、倖田來未がCMでつけたエヴォリューションケリーのアクセサリーシリーズの先行販売が即日完売となり、大ヒット商品となった。 従来のジェムケリーの高級路線から1万円台で購入出来るリーズナブルな価格に方針転換したのが消費者に受けたのだろう。 今後、動画コンテンツの充実を考えており、ジェムケリーのIT事業の柱に考えている。 しかし、一部のジェムケリーファンからは、倖田來未は歴代のCMモデルから考えると人気度合いは別としてチープ過ぎるとの批判があるのも事実である。 2006年4月13日よりジェムケリー 社長の中野猛氏の社長ブログを公開した。

ジェムケリー 主なCMモデル

井上晴美
葉月里緒菜
米倉涼子
長谷川京子
押切もえ
倖田來未

ジェムケリー ジェマート

ジェムケリー ポータルサイトGC55.jpと同時にOPENしたショッピングサイト。 ジェムケリー ブランドの宝石やジュエリーの他にサプリやファッション製品まで幅広く扱っている。 今後は、既成概念にとらわれず多種多様なショッピングサイトに成長させる方針。 GC55.jpの動画との連動が面白い。 最近のジェマートのメルマガは面白いとの評判。

メンズジュエリー SETTE(セッテ)

2005年に誕生したジェムケリー3番目のブランド。

DICHAは大衆ブランドを見据えたブランドで登場したが、SETTE は男性マーケットを開拓する為に誕生したブランドである。 DICHAと同様、プライス設定は数千円程度から販売しているが、上は数百万まであるのが特徴。 プラチナやホワイトゴールドの素材の高級商品は手作りで丁寧に完成させていて、芸術品に近い仕上がりになっている。 ブランドの由来はイタリア語の数字の「7」から取っていて、ラッキーアイテムとして消費者につけてもらいたいという願いが込められている。 男性向けファッション雑誌LEONなどにも取り上げられ注目度はすこしづつ上昇中。 2006年からジェムケリーの第3のブランドとして本格的に力を注いでいる。 2006年5月に発売されたピンクゴールドは評判が良くヒット商品の予感が・・

ジェムケリー セカンドブランドDICHA(ディッチャ)

2004年3月に新たなセカンドブランドDICHAを立ち上げた。ジェムケリーはアレキサンドライトを中心とした高級ブランドだったがDICHAは数千円程度から購入できる身近なブランドを目指したようである。 DICHAはスペイン語で「幸せ」を意味するブランドであり、その名のとおりブライダルやペアリングなども充実させている。 同時にジェムケリーは路面店舗中心であったが、DICHAはダイヤモンドシティ・ソレイユ(広島)を皮切りに全て商業施設への出店にしているのが特徴である。 今後は、ジェムケリーブランドも商業施設への出店を進めていく方針のようで2005年12月にジェムケリーとして千葉パルコに出店している。 ジェムケリーはファッション性の高い商業施設、DICHAは大衆向けの商業施設と色分けをして行く方針。 2005年よりDICHAブランドにもアレキサンドライトをベースにした商品を投入した。DICHAで取り扱うアレキサンドライトは、ジェムケリーでは、使用されない少しローグレードの宝石を使用して、 10万円を切るリーズナブルプライスを実現して、ミドルヒット商品になる。

ジェムケリー 販売をしない展示会の実施

2006年の4月1日の年度変わりを皮切りに、販売行為を一切行わない展示会を定期的に実施することを決定した。 昨今の展示会販売における消費者の不信感を払拭し、消費者に安心して宝石に触れてもらう時間を提供してジェムケリーブランドを向上させるのが狙いらしい。 同時にジェムケリー側から働きかけて展示会や店舗に招聘した消費者に対しては、原則として最初の来店では販売行為を行わないという新しい方針をうち出している。出足は上々で消費者の評判は良いらしい。 改革後のジェムケリーの動向に注目が集まっている。

ジェムケリー アレキサンドライトへのこだわり

一般的に宝石商といえばダイヤモンドの販売に主力をおくのが普通だが、ジェムケリーの創業者である中野猛は他社との差別化こそが飽和した宝飾市場で勝ち抜く秘訣であると、世間に知られていない個性的な宝石に目を向ける。 希少性こそあるが、一部の宝石マニアにしか知られていない「アレキサンドライト」太陽光線の下では緑に白熱球の下では赤紫に変色する宝石にファッション性の高いデザインを施し、有名タレントを起用してテレビコマーシャルで宣伝するという戦略でジェムケリーアレキサンドライトは一躍有名になる。

アレキサンドライトは、ブラジルとスリランカが主要産出国となっている。 ブラジル産はアレキサンドライトとしては、最高品質であり、その特徴は透明度が高く、かなり鮮やかな変色をするのが特徴。 ブラジル産は、太陽光線下ではブルーが強めのグリーンをしているが、白熱電球下では赤紫にはっきり変化するというものであり、一方、スリランカ産は黄色味がかかったグリーンを呈しているものが多く(ぺリドットのような色)、また赤色への変化が弱く、品質は一般的にブラジル産より劣っている為、比較的安価で取引されているのといわれている。  最近では、ブラジル産とスリランカ産の中間色の色変わりをするものが、タンザニアやインドで採れているが、スリランカ産同様、価値が安い為、注目されるようになったが、内包物が多く、品質面ではブラジル産よりもかなり劣るものが多い。

中野猛は、ブラジル産のジェムクオリティを、更にAAA、AA、Aの独自基準を設け、取扱高の90%をAAA、AAに限定し、また、検査室内にて1点、1点丁寧にGIA、GGが顕微鏡レベルで検品を行うようにしたのである。

更に、通常オーバルカットにやエメラルドカットにしか適さないアレキサンドライトの原石をプリンセスカットにするという奇想天外な行動に出た。 原石から60%もロスをするプリンセスカットは普通では考えられない発想だったが、デザイン性は高く評価され大ヒット商品になった。 今でこそ、アレキサンドライトは、広く一般的に知られるようになったがジェムケリーによってその認知度が高められたといっても過言ではないだろう。 但し、ジェムケリーアレキサンドライトの他にロシアのスモレンスクの国営工場でしかカットすることの出来ないアマラントカット、ダイヤモンド(真上から見ると星が浮かび上がる)や OE理論に基づいてカットされたケリープリンセスダイヤモンドなども看板商品として扱いだしている。

2006年7月より倖田來未がデザインからパッケージまで完全プロデュース商品、Binary Face が登場した。 当然だが最高級ランクのモデルはアレキサンドライトが使用されている。

株式会社ジェムケリー 会社沿革

株式会社ジェムケリー 会社沿革
1992年8月 - 有限会社ソンシ設立
1992年11月 - 京都への移転に伴い、株式会社孫子へ組織変更
1993年10月 - 宝石事業部を開設
1994年7月 - 宝石事業部を独立させ、ニーズニュース株式会社を設立、同時に、宝石専門店ジェムケリー(現・京都店)を開設
1995年2月 - 株式会社孫子名古屋支社を開設
1995年6月 - ジェムケリー名古屋店を開設
1996年2月 - ニーズニュース株式会社を株式会社ジェムケリーに社名変更、京都・四条烏丸にソンシキモノショールームを開設
1996年3月 - 株式会社孫子福岡支社、及びジェムケリー福岡店を開設
1997年3月 - 株式会社孫子東京支社、及びジェムケリー東京店を開設
1997年4月 - 京都・烏丸五条に本社移転、同時に、ソンシキモノショールームを本社に移転
1997年8月 - 株式会社孫子が株式会社ジェムケリーを吸収合併、同時に、株式会社ソンシに社名変更
1997年11月 - 資本金を1億円に増資
1998年4月 - 株式会社ソンシ広島支社、及びジェムケリー広島店を開設
1999年1月 - 資本金を2億9,900万円に増資
1999年4月 - 株式会社ソンシ横浜支社、及びジェムケリー横浜店を開設
2000年4月 - 株式会社ソンシ仙台支社、及びジェムケリー仙台店を開設
2001年4月 - 株式会社ソンシ神戸支社、及びジェムケリー神戸店を開設
2002年9月 - 株式会社ジェムケリー に社名変更、株式会社ジェムケリー東京支社設立、及びジェムケリー銀座店を開設
2003年10月 - 株式会社ジェムケリー京都本社新社屋竣工
2003年11月 - 株式会社ジェムケリー心斎橋店をオープン
2004年3月 - DICHAダイヤモンドシティー広島店をオープン
2004年4月 - DICHAダイヤモンドシティー橿原店をオープン
2004年9月 - 株式会社ジェムケリー札幌支社、及びジェムケリー札幌店を開設、DICHA岡山OPA店をオープン、DICHA厚木PARCO店をオープン
2004年12月 - DICHAビビットスクエア船橋店をオープン、DICHAイトーヨーカドー国領店をオープン、DICHA梅田店をオープン
2005年4月 - DICHAラムラ飯田橋店をオープン、DICHAララスクエア宇都宮店をオープン、DICHAアリオ蘇我店をオープン
2005年6月 - DICHA小田原店をオープン、12月 - ジェムケリー千葉パルコ店オープン
2006年4月 - 販売をしない展示会を定期的に実施
2006年7月 - 倖田來未が完全プロデュース、ジェムケリー Binary Face を発売

株式会社ジェムケリー概要

資本金:2億9,900万円
年商:53億8,600万円(平成17年3月期)
事業所:京都・名古屋・福岡・銀座・広島・横浜・神戸・大阪・橿原・札幌・岡山・厚木・国領・飯田橋・宇都宮・蘇我・小田原
代表者:代表取締役執行役員社長 中野猛
平均年齢:27.7歳
主要株主:株式会社ジャフコ、日本アジア投資株式会社、住銀4号投資事業組合、SMBCキャピタル株式会社、アコム株式会社、オリックス・キャピタル株式会社、株式会社関西アーバン銀行、株式会社クオーク、インテラセット
My Yahoo!に追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。